Follow

これ本当なのか知らないけど、中2感あって良いよね。

_

「freelance」の語源は、中世に遡る。
中世は王や貴族は主力となる騎士を中心とした封建軍の補強として、戦争の度に傭兵団(フリーカンパニー)と契約して戦争に臨んだ。この中には正式に叙勲されていない騎士(黒騎士)や傭兵団を離れ戦場に臨む兵士がいた。

当時は槍騎兵 (lancer) が自分の従卒として歩兵や弓兵を連れている形態が多かったため、契約の際には槍の本数=1戦闘単位としてカウントされた。

まだ敵勢力と契約を交わしていない (英: free) 戦闘単位 (英: lance) を指す言葉として「freelance」が用いられるようになった。

当時は兵士を指していた「free lancer」が、近世以降組織を離れて働く状態を指す言葉に変化した。フリーランスのフリー(英: free)は、“拘束されない”という意味で、無償の労働者という意味ではない。

Sign in to participate in the conversation
フジイユウジ::マストドン

フジイユウジ::ドットネットというブログをたまに更新する人が立てた個人マストドンインスタンスです。適当にご参加ください。 本インスタンスはMASTOHOSTで動いています。