Follow

ある朝、フジイ・ユウジが不安な夢からふと覚めてみると、ベッドのなかで自分の姿が一匹の、とてつもなく大きないんたーねっつに変わってしまっているのに気がついた。固い甲殻の背中を下にして、仰向けになっていて、ちょっとばかり頭をもたげると、

Sign in to participate in the conversation
フジイユウジ::マストドン

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!