Show more

指摘するだけでブレーキになる人を「評論家」と評するのはよく見るけど、表面化してる課題の解決策を見つけようとせずに取り組むべき課題を無視するために「評論は止めよう」という行為が一番恐ろしい

って、川崎駅の裏通りで猫が目を丸くしながら啼いていました

帰りにアイスを買って帰ろうと思います

@nelsoncoffeeroaster
フジイセレクションお代りほしいです!
前回のものはマンデリンリントンがちょっと違ったかも…?という感じです!

バックパッカー時代の僕やん
(免除期間になる)

年金払わない方法、フリーランスでバックパッカーになるしかない。

僕はエンジニアじゃないから、ちょっと流派が多いとか細かいところはすっ飛ばして、プロダクトの企画や開発者とのコミュニケーションができる領域にとどめたいけど

ブロックチェーンでなくてもいいんだけど、いまやりたいなーとぼんやり構想しているプロダクト作るならブロックチェーンを組み合わせた方が上手くいきそう

Show thread

なぜかブロックチェーンについて勉強している。

若いときよりも知ってる知識を応用できるから学習効率は良いような気がする。
新しいことを学習するのに年齢はあんまり関係ないような気がしてきた。

ただ、新しいことを学習してもそれほどスキルアップした感じになりにくい。たぶん知識があるぶん新しいことに対して大きな刺激に感じないんだな。

それゆえに、新しいものに熱中して学習したり、作り込んだりするのは若い人が多くなるんだろうな。

ブロックチェーンについて再度勉強している

「繁栄のパラドクス 絶望を希望に変えるイノベーションの経済学」は、『イノベーションの解 実践編』の続編と言ってもいい。

Show thread

クリステンセンの本(代表的なのは「イノベーションのジレンマ」)、一通り読んで分かってくると、その知識は『持続的イノベーション』と化してしまうのです!!読んだ当初は新鮮な驚きなんでアイデアが湧くんですが...

タクシーで「どの道で行きますか」って聞かれても「混まない道で」としか答えないようがないし、スーパーで「袋のサイズはどうしますか」って聞かれても「入るサイズで」としか答えようがない……。
聞かれるの不便だなあ…

「マスに広がるにつれてCACは増していく」という話を見かけて、ちょっと考えている。
(Mastodonに書いても仕方ないのかもしれないけど)

たぶん、それが起こるのは効率よく購買が得られるゾーンを抜けてしまうような商品だからであり、恐らく構造的に仕方ないのだろうなと。

逆に消費財などは恐らくマスに近づくにつれてCACが下がる。
(またはCACが上がってもLTVが高まって許容CACが下がる)

だから単にCPAが高い・安いでは語れないし、リピート率の高い・低いでは語れないのだけれど、ここらへんの経営や営業指標を表面でしか見ない人は多い。
表面でしか見なくてもビジネスにパワーがあるから、すぐには困らないという場合も多い。

何が言いたいかというと、特に何が言いたいわけでもないにゃんにゃんにゃーん

Googleがすごいのはそこ。
技術よりもデータ収集の方法。

OS配って行動データとるとか、無敵すぎる

だから競合を引き離す強みは収集と加工したデータの量なんだよね
後は具体的な加工技術

ユーザー行動から読み取るほうが、一般化されたレポート見るより早いと思う流派にゃんね

インターネットにおける事業者との「マッチングサービス」の多くがマッチングの質ではなく、送客サービスなので、あんまり幸福度は上がらないという問題がある

僕は「市場」よりも「ユーザー行動」の宗派ですんでね

リフォーム不動産の在庫持つのと、リフォームを請け負う工務店は別の観点になるわけだけど、後者の場合だと検討が始まってからの接点をどう持つかコミュニケーションデザインで勝てる可能性はまだあるにゃんな。

ただ、検討が始まる前の認知とってもあんまり効果ないから厳しい世界にゃ?

Show more
フジイユウジ::マストドン

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!